image

◆コメントを承認制にしました
◆記事内のURLをクリックすると、記事に飛びます
◆基本的には紹介記事内容が事実として、私の感想・コメントをつけています。元記事の内容が間違っている場合もありますので、お気をつけ下さい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

 今日もまた面白いというか、うはぁと思ったページを見たので、それをネタに。見つけたのはこのページです。自力で見つけたんじゃなくて、ニュースサイトで見たんですがね。




 私も子供が出来たと嫁さんから聞いて、どんな名前の子供にするか夫婦で一生懸命考えたんですよ。毎晩寝る時には名前辞典みたいな本を見て、男の子だったらどうしようか、女の子だったらどうしようか……結構議論になったりもしましたね(笑)。




 私が良いと思っても、嫁さんの昔の知り合いの名前だから嫌だとか(笑)、逆にお互いが良いと思う……けど今一、とか。名前を考えるって難しい事だと思います。一生ついて回るだけに、親として最初にしてあげられる事でもあり、一生それがついて回る事でもあり……本気で夫婦して真面目に考えました。




 そして付けた名前は、恐らくありふれた名前だと思います。少なくとも同じ音の子は会社関係の人の子供だけでも2〜3人いました(字は違うけど)。特に変わった字を使ったつもりもないし、音だけじゃなくて意味を一生懸命込めて考えたつもりです。夫婦でこの名前しかないな、と最終的には思って付けましたし、私達はこの名前を子供に誇ってやりたいぐらいです。ずっと大きくなってからも、名前に込めた両親の思いを分かって欲しいと思います。




 それぐらい一生懸命考え、悩んだだけに……今回のネタであるページの内容には驚いたというか、呆れたというか。そりゃ、どういう名前をつけようと親の自由です。ですが、その名前が一生その子について回る事を考えてやれなかったんでしょうかね。親の満足という意味では、私も同じかもしれませんが、子供が一生その名前を嫌がる事が無いようにとも思って、しっかり考えたつもりです。ここにあげられてる名前の内、8割はそれだけで苛めネタになってもおかしくないでしょう。また、芸能人の名前やバンドの名前なんて、子供が大きくなる頃には全く意味を成さなくなります。親のネタとしての満足感以外、一切子供に何も残さない事を考えると、子供が可愛そうでなりません。




 このページが単なるネタであって、実際にはこんな名前をつけられた子がいないというオチの方が嬉しいですね。いやぁ、釣られてしまったなぁと笑いながらほっとしたいもんです。大事な大事な自分達の子供に付ける名前を、ネタとか思いつきだけの、何も中身の無い馬鹿げた物にだけはして欲しくないですね。その子の一生に関わるのですから。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

 こんなページを見つけてしまい、思わずトラックバックしちゃってます。




 バレンタインネタは私も書いたけど、ここまで自虐的なスレがあったんじゃ負けだ(笑)。




 貰った数だけギャグを書くのに、ひたすら空白でスレが伸びていくって……(笑)。




 いや、ほら、あれだ。貰ったチョコの数が多すぎて、ギャグをその数だけ書き込もうと考えている内に疲れてやめたんだよ!ってあれ……何でだろう、ディスプレイが曇ってきて見えないよ_| ̄|○




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

 グインサーガ99巻『ルードの恩讐』の感想です(ネタばれありです)。




 ずっと読み続けてきたグインサーガ……もうナリスの話ばかりで勘弁してと思った時期もありました。腐ったトマトになりかけた事もありました(トマトの思いを誰かと分かち合いたい事もありました)。しかしながらそれでも遂に99巻まで来ました。全100巻の物語として始まったグインサーガ……100巻で終わらない事が確定しましたが、それでも読者の一人として非常に感慨深いです。次でいよいよ100巻なんだなぁと。




 さて、99巻の感想ですが、イシュトとグインの間はこれで完全に壊れてしまうんだなぁとしみじみしました。なんだかんだでイシュトは好きなキャラだったんですけどね。徐々に壊れていって、まさに狂王になっていっているように思います。グインがイシュトにやられるとは思っていませんが、今回の話で完全に壊れてしまって、イシュトは更に暴走するんでしょう。そしてカメロンをその手で殺した時(もしくはカメロンの自害か、カメロンがイシュトを殺そうとして返り討ちか)に、完全に狂王として君臨する事になるんだろうという感じがします。




 中盤はザザやウーラの活躍もありましたし、かなりグインの「らしさ」が戻ってきていて、読んでいて久しぶりに楽しかったです。やっぱり冒険の要素(グールの棲家を訪問したり)があるとわくわくするなぁと思わされてしまうのです。




 それにしても記憶が無い中で、これだけ情報を集めてしまう(イシュトがお喋りなのはともかく)のは大したもんだと思います。途中は一般論と直感による判断の組み合わせだけで話を進めてしまってますしね(それにイシュトが同意してしまう辺りがまた何とも)。ご都合主義の総結集のようなキャラですからね、グインは(笑)。でも、それはある程度主人公特権として、ボロは(あまり)出さずにいましたし、楽しめました。




 次の100巻目で、このイシュトとのやり取りをどう片付けるのか? ヤーンの声の正体は誰なのか?(グイン自身ってオチじゃないと思いたい) グインがザザに持ち上げられた時、軽くなったのは何故か?(魔道師が傍に隠れている?) 色々と気になる状態で次は4月の刊行のようですね。絶対に買います。




 まだまだ終わらないとは言え、こうして100巻目が読めるなんて私は非常に嬉しいです。一時期、グインの刊行速度が落ちて、作者(栗本薫)が先に死んでしまって未完になったらどうしようかと思っていた時期もありました。物語としては終わってないので未完の可能性はまだ残っていますが、それでも100巻目という一つの節目に立ち会えるというのは、グインサーガファンとして、本当に嬉しい事です。100巻目が出たら、また感想を書くつもりですが、その時は、思い出話になってしまうのでしょうかね(笑)。



ルードの恩讐―グイン・サーガ 99
栗本 薫
早川書房 (2005/02)
売り上げランキング: 2,175
通常24時間以内に発送





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

 バレンタインネタに便乗してみます。ええ、会社ではめられて、ただひたすらいるだけではあっても帰れない状況なので、暇つぶし込みです(笑)。その件の怒りについてはメインをご覧下さい……ってまだ帰ってないから、0時過ぎてからの方が良いかも知れませんが……帰宅したら更新します、メインサイト。ジャンプ感想も意地で更新してやろうと思っています(笑)。




 で、バレンタインネタですが、ぶっちゃけますと、私、大してもてた事無いんで、義理ぐらいしか関係ないです_| ̄|○




 彼女がいる間は勿論貰ってましたが、それ以外で後輩の女の子から




 「○○先輩、これ貰ってください」(チョコを差し出す)




 なんて展開が一度たりともあった訳でもなく、ただひたすらもててる友人を羨むだけでした、はい。更に悔しい事に、弟がもてまくるんですわ、これが。もうね、辛かったですよ、ほんと。私は何も無く帰宅、弟はカバンに幾つかチョコを入れて帰ってきた挙げ句、更には他の女の子が家にやってきて弟を呼び出してチョコを手渡し……同じ兄弟でどうしてこうも違うのか(死)。




 哀れむ母親に貰ったぐらいですかね……ああ、鬱だなぁ……




 で、更に余談。会社で同期入社の女の子達が同期の男達にチョコをくれていた時期があったんですが、これも結構辛かったです。ホワイトデーにお返しをしなくちゃいけない。だるかったなぁ……っていうと怒られそうですが(笑)。会社でお返しを買って持っていくのって恥ずかしいんですよ、ほんと。同期が周りから減って自然と無くなりましたが、その時は心からほっとしました(笑)。




 まぁ、女の子は女の子で、準備に大変そうですが……義理でも男って喜ぶのかなぁ。私は特にいらないけどねぇ。お返しするのが面倒くさいから(笑)。チョコの数を競うなんて人生じゃないし、どうせ無いなら無いでいっそすっきりするさ、ぐらいの悲惨さです(笑)。




 今の嫁さんと付き合い始めの頃から、一応バレンタインはチョコを貰ってます。それが秘かに嬉しかったりするのは、嫁さんへの愛情があるからです……決して暗い自分の過去を思い出して今って幸せだとしみじみしてるわけではありません……いや、ほんとですって。まじで(笑)。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

 こちらの、BUMP OF CHICKENネタに乗ってみます。




 元々天体観測をカウントダウンTV辺りで聞いて、これは良い曲だなぁと思ったのがきっかけで聞くようになった訳ですが、その後ハルジオンが違った意味でツボにはまったんですな。ハルジオンって事で白い花が歌詞に出てくるんですが、これがこんな歌詞なんですよ。



 生きてる意味を 無くした時


 自分の価値を 忘れた時


 ほら 見える 揺れる白い花


 ただひとつ 思い出せる 揺れる事なく 揺れる



 物凄く死に掛けの時に見える花のイメージになってしまって、嫁さんなんて完全にそのイメージで固まってしまって、歌詞を見ても、もう死ぬ時の花(百合とか白菊?(笑))になってしまってるっぽい。まぁ、私はカラオケで歌う定番の一曲ですが。




 そしてこれ。


ユグドラシル
ユグドラシル
posted with amazlet at 05.03.08
BUMP OF CHICKEN 藤原基央
トイズファクトリー (2004/08/25)
売り上げランキング: 1,142
通常24時間以内に発送




 レンタルしてきて、よく聴いてます(ipodに放り込んで通勤時に聞きまくり)。元々オンリーロンリーグローリーが聴きたくてレンタルしたんですが、スノースマイルロストマンも良いですね。スノースマイルはほぼ歌えるようになりました(笑)。ロストマンはまだ何となく聴いてるだけですが。




 昔のアルバムの曲ですが、グングニルダイヤモンドダンデライオン辺りは完全にツボです。どれもカラオケで歌えるように挑戦中です(笑)。歌ってもうけないだろうけど、秘かに好きなのがベンチとコーヒーキャッチボールですね。これはそっと覚えていこうかと思います。




 歌詞が良いし、歌声も良い。ダイヤモンドのサビが良いんですよ。



 ひとつだけ ひとつだけ その腕で ギュッと抱えて離すな


 血が叫び教えてる 「君は生きてる」っていう 言葉だけは



 この「ギュッと」のところの声がたまらないわけで。カラオケで真似しようとしたら何か変な人になりそうなので我慢してます(笑)。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

 ネットゲームってどんなのかな? 折角ADSLにしたんだしやってみようという、ちょっとした興味から探して見つけたのがエランシアだった。気づけばもう3年弱やっているわけで、長いねぇ。何がこんなに面白いんだろうと思いつつ、エランシアの説明を交えながら色々書いてみよう。




 まず、エランシア自体は、一つの世界があってその中でプレイヤーが自分のキャラを育てていくという、RPGタイプのゲームで、ただ、大概のキャラが何処かの誰かがプレイしているという点で家庭用とは違う。NPC(ノンプレイヤーキャラクター)では無く、プレイヤーなんだよね。だから、話かければその人の個性で返事が返ってくるし、一緒に冒険に行ったり、ただ単に世間話をしたりも出来る。




 キャラクター自体は、戦士・冒険者・商人の適正を持つ事になる。それぞれ、第一適正・第二適正・第三適正に割り振るので、自分がどういうタイプのキャラを作りたいかで変わってくる。育てるのは、アビリティという概念があり、戦士なら剣や弓などをアビリティ100まで上げれるし、冒険者は発掘や探索といったアビリティを100に出来る。商人は料理や裁縫等を上げられる。適正2だと適正1の2倍、適正3だと適正1の3倍程アビリティを上げるのに手間がかかるので、自キャラはどれを中心に上げていきたいのか?……それも考えなくてはいけない。




 で、キャラを作ったら後は初心者の館で一通り操作を習って町に出る事になる。出たら何をするかが全く決まっていないので、どうしていいか分からなくなる(笑)。取り敢えず町から出て敵を叩こうと思うと、最初に見つけるのは大概、鶏……しかも結構良い勝負(笑)。これに熊とか来ると確実に殺される(笑)。




 一人でやってたらきっとつまらないだろうなぁと思う。私は運良く既にやってるプレイヤーから声をかけられて、そのまま色々教えて貰ったんで良かったんだけどね。その頃に知り合った人達とは、未だに一緒に遊んでるし。




 魅力って何だろうと考えてみたら、大きく二つ。一つはそういった他の人とのコミニュケーションが取れる事。色々な人がいる……学生も社会人も主婦も引き籠もりも(笑)。それぞれの考えがあって、それぞれの話が聞ける。ギルドというグループを作って、ギルドルームを手に入れて、そこで屯して話をしてるだけったりもする事もあるぐらい、会話は楽しい。結局このチャット機能が楽しいんだろうなと思う。ネットゲーというジャンルの最大の魅力だろう。他のゲームではキャラクターの職業毎に出来る事に差があって、パーティを組む事で補い合い、助け合って一緒に冒険をするといった形もあるが、エランシアの場合、大概一人で何でも出来るようになる(時間はかかるけどね)。だから、戦闘での助け合いは初心者の内ぐらいで、後は自力でどうにかなる。それでもネットゲームとして敢えてやっていく魅力は、仲間との会話なんだろうな、と。




 そういう意味ではもう一つの魅力もそこにかかってくると思う。このゲームは、ゲームシステムとしては非常に良くない事に、戦闘のテンポが非常に遅い。また、魔法で敵を一定時間止めてしまう事も出来る為、高レベルになるとひたすら動かないようにして、訓練人形を殴るかのように殴るようになってしまう。で、こちらの武器の速度が遅いので、テンポが滅茶苦茶悪いという状態になってしまい、ゲームとしては非常に良くないと思われる。だけど、逆に言うと、アビリティを上げる為に日々戦いながら、会話も出来る訳だ。他のテンポの良いゲームだと、ひたすら戦うのに精一杯で、戦闘中の会話なんて無理だった。そのゲームを止めてエランシアに戻ってきた時、このまったりとした感覚が嬉しかった記憶がある。




 やっぱりネットゲームの最大の魅力が、他のプレイヤーとの関わり合いにあると思っているし、そういう意味では、これだけの長期間やってきたエラというゲームは、知り合いも増え、いつもの場所にいつものメンバーがいるという安心感もある。そして冒険に出ればそこでまた新しい知り合いが増えたりして、更に交流の和が広がる。かなりの数の知り合いが増えたなぁと思うものね。




 会社から帰ってきて、PCの前に座って、エランシアを起動する。知り合いと挨拶をしながらアビリティ上げに出かけ、時には助け合ったりもしながらまったりと会話をする。これが毎日楽しいんだよね。嫁さんもキャラを作ってるし、一部で人気者になってるし(笑)。テンポが悪すぎてオートで放置してたりもするけど、それでも繋がってるなぁと思う。嫁さんと同じ趣味って事で、会話も楽しいし。エランシアコンテンツを作ってそっちの方がメインより盛り上がっていたりするし(笑)。




 余談だけど、嫁さんの場合は、着せ替えがいっぱい出来る(服や靴等の色・種類が多い)のが嬉しかったらしい。今ではだいぶ落ち着いちゃったけど、最初はその為に、あちらこちらの町を歩いて回って、欲しい服を買ったりしてたものね。今は私が宝箱から出した金の鎧を着てるけど(笑)。




 なんかね、そうやってのんびりと毎日遊べる楽しさがある。会話がメインだからシステムについて文句があってもまったりやっていけるし。まぁ、サーバーがすぐに落ちるという不具合は何とかして欲しいけどね。武器を修理するだけでゲームから落とされてしまう不具合も痛い。こんなに文句が多いシステムでも、楽しめるというのは……中毒なのかもしれない(笑)。




 もし、エランシアやる人がいたら、教えて貰えれば一緒に遊びます(笑)。多少のご支援もありって事で……多少ね(笑)。興味がある人は、エランシアコンテンツを見て貰えば、どんなゲームか雰囲気が掴めると思うし。シンプルなゲームだけど、のんびり遊ぶには良いゲームだと思う。この3年弱、ひたすら遊び続けて、まだやってるぐらいだから(笑)。結構飽きっぽい私が、ここまで一つのゲームをする事になるとは思ってなかったものね。お勧めです。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

 ネタとしては昨日書いておくべきだったんだろうが、いきなり複数書きまくると後が辛いので置いておいた……という訳で、この記事。





特許侵害で「一太郎」、「花子」に製造・販売中止と廃棄命令 : IT Pro ニュース



 この記事は結構ショックだね。私はWORDが嫌いで、会社のPCから一太郎が消されるまでずっと一太郎を使っていただけに(勝手にソフトのインストールは出来ない事になっている)、秘かに応援してたんだよね、一太郎(花子はどうでも良い(笑))。ショートカットで罫線も全部引けるぐらいにはなっていたもんな、一時期。




 ATOKに関しては絶対他のIMEには負けない(FEPと言っていた頃が懐かしい)と思っているし、家のPCでもIMEだけはATOKにしていたぐらいだ。




 一時期は、一太郎じゃなくてATOKで商売してるようなCMも打っていたから、一太郎自体よりもATOKに力が入ってるのかもしれないね。この語句変換の強みを生かして、ConceptBase Searchという検索エンジンソフトを作ったりもしていたし。自由文検索というだけでなく、文の意味を汲み取って近い内容の物を検索出来るという優れ物なんだけどね。




 しかし、特許という意味では松下電器が正しい訳で、何でこんなにあっさりと訴えられたら負けるような事をしたんだろうとも思う。新Verを2/10に出す予定だったという事で、この判決は大打撃になる筈だし。製造販売中止もそうだけど、廃棄命令って……これが新Verでも同じ仕組みを使っていたら、会社が潰れかねないんじゃないだろうか?




 国内で数少ないMSへの対抗ソフトでもあるし、潰されずに頑張って欲しいんだけどね。こうして国内メーカーは足の引っ張り合いをして潰れていって、海外製品に駆逐されていくんだろうか。良い物を共有して、より良い製品を作っていくような流れにならないと、本当にお先真っ暗に思えるね。




 こうなったらATOKだけでも頑張れ、ジャストシステム!




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

 プロフィールにも書いていますが、元々雑文サイトを運営しています。


 そちらは雑文一筋8年という事で、のんびりやってきていますが、今回はBLOGにも手を伸ばしてみました。




 まぁ、メインサイトは日記・雑文・ジャンプ感想という形ですが、こちらでは趣味や物に関わる事を書いていこうと思っています。今考えているこちらで書く内容は、「ゲーム(プレイ記)」「本(読書感想等)」「音楽(CD感想)」「機器関連(PC・ipod・デジカメ等)」「BLOGへのトラックバック」「面白いサイトの感想」が中心になると思います。




 メインサイトの日記や雑文でも取り扱うネタなので被りますが、寧ろそれぞれのサイトに被る内容もこちらで書いていく事で、情報補完や考え違いの訂正等が出来るんじゃないかと思っています。書き方の癖により書けなかった事や、書き漏らした事、後から考え直した事、それらをリンクしながら書いていければ……と思っている訳です。




 文体は、「ですます調」の時もあれば「断定口調」の時もあります。あまり拘らずに書き易い文体で書くと思いますので、あまり気にしないで下さい。




 文章ばかりになりますし、フォント弄りもあまりしない主義なので、ひたすら読むだけになりますが、感想等頂けれたら嬉しいです。




 これから宜しくお願いします。




このページのトップヘ