今日もまた面白いというか、うはぁと思ったページを見たので、それをネタに。見つけたのはこのページです。自力で見つけたんじゃなくて、ニュースサイトで見たんですがね。




 私も子供が出来たと嫁さんから聞いて、どんな名前の子供にするか夫婦で一生懸命考えたんですよ。毎晩寝る時には名前辞典みたいな本を見て、男の子だったらどうしようか、女の子だったらどうしようか……結構議論になったりもしましたね(笑)。




 私が良いと思っても、嫁さんの昔の知り合いの名前だから嫌だとか(笑)、逆にお互いが良いと思う……けど今一、とか。名前を考えるって難しい事だと思います。一生ついて回るだけに、親として最初にしてあげられる事でもあり、一生それがついて回る事でもあり……本気で夫婦して真面目に考えました。




 そして付けた名前は、恐らくありふれた名前だと思います。少なくとも同じ音の子は会社関係の人の子供だけでも2〜3人いました(字は違うけど)。特に変わった字を使ったつもりもないし、音だけじゃなくて意味を一生懸命込めて考えたつもりです。夫婦でこの名前しかないな、と最終的には思って付けましたし、私達はこの名前を子供に誇ってやりたいぐらいです。ずっと大きくなってからも、名前に込めた両親の思いを分かって欲しいと思います。




 それぐらい一生懸命考え、悩んだだけに……今回のネタであるページの内容には驚いたというか、呆れたというか。そりゃ、どういう名前をつけようと親の自由です。ですが、その名前が一生その子について回る事を考えてやれなかったんでしょうかね。親の満足という意味では、私も同じかもしれませんが、子供が一生その名前を嫌がる事が無いようにとも思って、しっかり考えたつもりです。ここにあげられてる名前の内、8割はそれだけで苛めネタになってもおかしくないでしょう。また、芸能人の名前やバンドの名前なんて、子供が大きくなる頃には全く意味を成さなくなります。親のネタとしての満足感以外、一切子供に何も残さない事を考えると、子供が可愛そうでなりません。




 このページが単なるネタであって、実際にはこんな名前をつけられた子がいないというオチの方が嬉しいですね。いやぁ、釣られてしまったなぁと笑いながらほっとしたいもんです。大事な大事な自分達の子供に付ける名前を、ネタとか思いつきだけの、何も中身の無い馬鹿げた物にだけはして欲しくないですね。その子の一生に関わるのですから。