著作権料気にせずレッスンしたい ダンス音楽CDの自主制作相次ぐってな記事を見て、またがっくり来ましたよ。




 結局JASRACってのは本当に役に立っているのか? 既得権死守の為に凝り固まっている組織じゃないか? と思ってしまいますな。




 お役所仕事も良いところで、ラジオである歌手が自分の歌をかけようとしたら、その為に費用がかかるという事があったそうな(谷山ひろこだっけ?……昔の事なんで記憶が曖昧で申し訳無い)。本来、音楽著作権を管理し、その作成者の権利を守る為の組織が、その作成者自身の利用にまで金を取るとかやるんだからねぇ(都市伝説かもね、ここまで来ると)。まぁ、CD作成とか、別の費用がかかっている面があるからしょうがないかもしれないけどね。でも、これ、自分で生演奏始めたらどうなるんだろう?(笑)




 まぁこれは、JASRACが著作権保護を声高に叫んでいるのは、著作者(作曲家、演奏家)の為では無く、主にCD等の事業者と利益団体の為だって事でしょう。もしくは、著作者じゃなくて、利益団体が著作権を守れ!とばかりにJASRACを介して騒いでいるか。




 今回のダンス教室についても、著作権をごちゃごちゃ言われて、金を取られて経営が成り立たなくなってしまいかねない訳ですよ(3000万も請求されたらやってられませんな……まあ10年分払わなかったものを全部合算されてるからだけど)。だからこそ、自主制作して……といった作業に手間がかかる事を覚悟で取り組む必要が出てきてしまう訳だし。




 音楽って、人を楽しませる為にあるんじゃないの? 金儲けの為ってのも勿論あるだろうけど、自分が作った曲を人が聴いて楽しんでこその喜びって全く無いのかね? CD製作会社とかには全く無いか、そんな思い。単なる商売だもんなぁ……勿論、著作権を全く無視して、自分が作ったような顔をしてその曲を売る連中がいたりするから著作権管理をしなくちゃいけないんだろうけど、今回みたいな場合、もっと融通を利かせろと思うね。




 NETで個人でも歌詞の掲載するだけでも、ここから手続きをしないといけない。面倒くさいからしないけど。引用する場合には、作詞者については掲載しているけど、一々JASRACに手続きなんかした事もない。とにかく、音楽を楽しむ事を、気に入った曲や歌詞について、NETで交流する事をも金を取ってしまおうとしてるんだよな。




 音楽のNET配信サービスをとにかく阻止したがっているのもこの連中だ。簡単に音楽を楽しむ事が出来る環境を、著作権がどうとかで禁止したり制約を設けたりしようとしたがる。まぁ、最近は少し前向きになって、値段設定を考えてるっぽいけども。




 勿論、著作権は守られるべきだし、それを勝手に使用してはいけないのだろうけれど、如何にも自分達が正しいのだから、とにかくお前らは言う事聞け、的なコメントに苛つきを感じる。




 今回だって、しょうがないからこそ過去の曲を再編集するといった自主制作したり、ダンス音楽自体を自分で作る事になった訳だ。そういう動きに対しての発言がまたむかつきますな。



ジャスラック管理外の曲のCDだけでは顧客のニーズを満たせず、ダンス教室の営業が成り立つとは認識していない。


ジャスラックの管理楽曲を使用する場合はきちんと手続きをとって使用してほしい。



 二行目はまだ分かるさ、仕事なんだから(JASRAC自体いらんとか思うのとは別に、現状からすればという意味)。ただ、それはどうなのかという思いから、わざわざ自主制作しているのだから、一行目のようなコメントはいらないんじゃないの? そういう官僚的な、排他的な発言をするから、この団体は好きになれない。ダンス教室の営業を成り立たせたかったら、我々のルールに従え、それ以外は認めないし、勝手にやったって野垂れ死にだ、そう言っている訳だからね。




 悪意の無い一般利用者が、気軽に音楽を聴く事が出来る事、楽しめる事……これがまず無ければ、CDだって売れないし、音楽も聴かれなくなっていくんじゃないだろうか。実際にコピー禁止CDを作ったら、全然売れなくて取りやめになった訳だ。これが一般消費者の意見だと少しは分かれと言いたい。




 誰か、JASRACの内部の人、NHKみたいに内部告発でもして、世論で体制を変えてしまうような動きに持っていってくれないかねぇ。こういう既得権を守ろうとする団体って、大概何か裏であくどい事をやって隠している事が多いだろうから(笑)。