http://p-shirokuma.hatenadiary.com/entry/20161216/1481855650(via かーずSP)

本当の意味で彼らはキュレーターと呼んで良い活躍をしている(していた)のだと思う。機械がではなく、人が、情報を選りすぐっていたのだ。

 そうした情報が面白い、役立つ、興味深いと思えるから、人はそこを見に行く。見に行く人が増えるから、そのサイトが有名になって、更にそこの情報の価値が増すという流れだったのかなとも思う。ただ、中の人は同じで、その人の感覚で進めているから安定しているというのはあるな。その人の味が出るというか。

 うちはそれに更に主観全開のコメントをつけていこうとしていたけれど、時間が無くなってしまったよ。私が面白いと思う記事に、私が主観でコメントを付けて、それがただ毎日流れていくだけのサイトでやっていきたかったんだけどなぁ。