image

◆コメントを承認制にしました
◆記事内のURLをクリックすると、記事に飛びます
◆基本的には紹介記事内容が事実として、私の感想・コメントをつけています。元記事の内容が間違っている場合もありますので、お気をつけ下さい。

ニュース・ネタ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

 グインサーガ99巻『ルードの恩讐』の感想です(ネタばれありです)。




 ずっと読み続けてきたグインサーガ……もうナリスの話ばかりで勘弁してと思った時期もありました。腐ったトマトになりかけた事もありました(トマトの思いを誰かと分かち合いたい事もありました)。しかしながらそれでも遂に99巻まで来ました。全100巻の物語として始まったグインサーガ……100巻で終わらない事が確定しましたが、それでも読者の一人として非常に感慨深いです。次でいよいよ100巻なんだなぁと。




 さて、99巻の感想ですが、イシュトとグインの間はこれで完全に壊れてしまうんだなぁとしみじみしました。なんだかんだでイシュトは好きなキャラだったんですけどね。徐々に壊れていって、まさに狂王になっていっているように思います。グインがイシュトにやられるとは思っていませんが、今回の話で完全に壊れてしまって、イシュトは更に暴走するんでしょう。そしてカメロンをその手で殺した時(もしくはカメロンの自害か、カメロンがイシュトを殺そうとして返り討ちか)に、完全に狂王として君臨する事になるんだろうという感じがします。




 中盤はザザやウーラの活躍もありましたし、かなりグインの「らしさ」が戻ってきていて、読んでいて久しぶりに楽しかったです。やっぱり冒険の要素(グールの棲家を訪問したり)があるとわくわくするなぁと思わされてしまうのです。




 それにしても記憶が無い中で、これだけ情報を集めてしまう(イシュトがお喋りなのはともかく)のは大したもんだと思います。途中は一般論と直感による判断の組み合わせだけで話を進めてしまってますしね(それにイシュトが同意してしまう辺りがまた何とも)。ご都合主義の総結集のようなキャラですからね、グインは(笑)。でも、それはある程度主人公特権として、ボロは(あまり)出さずにいましたし、楽しめました。




 次の100巻目で、このイシュトとのやり取りをどう片付けるのか? ヤーンの声の正体は誰なのか?(グイン自身ってオチじゃないと思いたい) グインがザザに持ち上げられた時、軽くなったのは何故か?(魔道師が傍に隠れている?) 色々と気になる状態で次は4月の刊行のようですね。絶対に買います。




 まだまだ終わらないとは言え、こうして100巻目が読めるなんて私は非常に嬉しいです。一時期、グインの刊行速度が落ちて、作者(栗本薫)が先に死んでしまって未完になったらどうしようかと思っていた時期もありました。物語としては終わってないので未完の可能性はまだ残っていますが、それでも100巻目という一つの節目に立ち会えるというのは、グインサーガファンとして、本当に嬉しい事です。100巻目が出たら、また感想を書くつもりですが、その時は、思い出話になってしまうのでしょうかね(笑)。



ルードの恩讐―グイン・サーガ 99
栗本 薫
早川書房 (2005/02)
売り上げランキング: 2,175
通常24時間以内に発送





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

 こちらの、BUMP OF CHICKENネタに乗ってみます。




 元々天体観測をカウントダウンTV辺りで聞いて、これは良い曲だなぁと思ったのがきっかけで聞くようになった訳ですが、その後ハルジオンが違った意味でツボにはまったんですな。ハルジオンって事で白い花が歌詞に出てくるんですが、これがこんな歌詞なんですよ。



 生きてる意味を 無くした時


 自分の価値を 忘れた時


 ほら 見える 揺れる白い花


 ただひとつ 思い出せる 揺れる事なく 揺れる



 物凄く死に掛けの時に見える花のイメージになってしまって、嫁さんなんて完全にそのイメージで固まってしまって、歌詞を見ても、もう死ぬ時の花(百合とか白菊?(笑))になってしまってるっぽい。まぁ、私はカラオケで歌う定番の一曲ですが。




 そしてこれ。


ユグドラシル
ユグドラシル
posted with amazlet at 05.03.08
BUMP OF CHICKEN 藤原基央
トイズファクトリー (2004/08/25)
売り上げランキング: 1,142
通常24時間以内に発送




 レンタルしてきて、よく聴いてます(ipodに放り込んで通勤時に聞きまくり)。元々オンリーロンリーグローリーが聴きたくてレンタルしたんですが、スノースマイルロストマンも良いですね。スノースマイルはほぼ歌えるようになりました(笑)。ロストマンはまだ何となく聴いてるだけですが。




 昔のアルバムの曲ですが、グングニルダイヤモンドダンデライオン辺りは完全にツボです。どれもカラオケで歌えるように挑戦中です(笑)。歌ってもうけないだろうけど、秘かに好きなのがベンチとコーヒーキャッチボールですね。これはそっと覚えていこうかと思います。




 歌詞が良いし、歌声も良い。ダイヤモンドのサビが良いんですよ。



 ひとつだけ ひとつだけ その腕で ギュッと抱えて離すな


 血が叫び教えてる 「君は生きてる」っていう 言葉だけは



 この「ギュッと」のところの声がたまらないわけで。カラオケで真似しようとしたら何か変な人になりそうなので我慢してます(笑)。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

 ネタとしては昨日書いておくべきだったんだろうが、いきなり複数書きまくると後が辛いので置いておいた……という訳で、この記事。





特許侵害で「一太郎」、「花子」に製造・販売中止と廃棄命令 : IT Pro ニュース



 この記事は結構ショックだね。私はWORDが嫌いで、会社のPCから一太郎が消されるまでずっと一太郎を使っていただけに(勝手にソフトのインストールは出来ない事になっている)、秘かに応援してたんだよね、一太郎(花子はどうでも良い(笑))。ショートカットで罫線も全部引けるぐらいにはなっていたもんな、一時期。




 ATOKに関しては絶対他のIMEには負けない(FEPと言っていた頃が懐かしい)と思っているし、家のPCでもIMEだけはATOKにしていたぐらいだ。




 一時期は、一太郎じゃなくてATOKで商売してるようなCMも打っていたから、一太郎自体よりもATOKに力が入ってるのかもしれないね。この語句変換の強みを生かして、ConceptBase Searchという検索エンジンソフトを作ったりもしていたし。自由文検索というだけでなく、文の意味を汲み取って近い内容の物を検索出来るという優れ物なんだけどね。




 しかし、特許という意味では松下電器が正しい訳で、何でこんなにあっさりと訴えられたら負けるような事をしたんだろうとも思う。新Verを2/10に出す予定だったという事で、この判決は大打撃になる筈だし。製造販売中止もそうだけど、廃棄命令って……これが新Verでも同じ仕組みを使っていたら、会社が潰れかねないんじゃないだろうか?




 国内で数少ないMSへの対抗ソフトでもあるし、潰されずに頑張って欲しいんだけどね。こうして国内メーカーは足の引っ張り合いをして潰れていって、海外製品に駆逐されていくんだろうか。良い物を共有して、より良い製品を作っていくような流れにならないと、本当にお先真っ暗に思えるね。




 こうなったらATOKだけでも頑張れ、ジャストシステム!




このページのトップヘ